×
TOP / リアルヴォイス
2018.05.11

 食と健康(4月レポートより)


 

秀明自然農法の作物を食べて体調に変化

北海道 N.T.
夫は4年前に糖尿病になり1ヵ月入院し、退院後も1日4回のインスリン注射をしていました。血中の糖化ヘモグロビンA1cの値が正常値5.0前後に対して、夫は8.9と高い状態でした。その頃から毎日のお茶は自然農法のほうじ茶にして、水筒に入れて持って行くようにしました。するとA1cの数値が年々良くなり、昨年からはインスリン注射が1日1回となり、「後は薬で良いですよ」と医師に言われました。昨年頃から自然米をなるべく食べるようにしたところ、今年になって数値が7.3まで下がりました。



神奈川 T.M.
自然米を3食食べる取り組みを始めました。それまでは営業職のため外食ばかりで家に炊飯器もない状態でした。自然米を食べることにより、足が軽くなり、昨年2.3.4月にあった持病の痛風発作が11ヵ月間も起こっていません。職場では、自然農法のお茶をお客様にお出ししています。これからも続けていき、自然米の素晴らしさを伝えていこうと思っています。



静岡 T.U. 
姑はアトピーのためステロイド剤を10年以上使っていましたが、入会を機に薬を使わないことにしました。その後、猛烈なかゆみを伴う真っ赤にただれた肌となり、とても痛々しく、おさまる気配もなく、精神的にも大変辛そうでした。そのような状態が半年ほど続いた頃、ある方から「自然米食べている?」と聞かれ、それまで食べたり食べなかったりでしたが、ほぼ完全に自然米に切り替えました。するとみるみるうちに足の肌のただれが良くなり、姑自身が「自然米のおかげだ!」と大変驚いていました。その後も自然米を続けており、「体が疲れにくくなり、元気が湧いてくる」と喜んでいます。基礎体温も35度台と低かったのが、36.5度まで上がりました。自然米のパワーは本当にすごいと分かりましたので、周りの方にもお勧めしていきたいと思います。


三重 M.Y.
今年初めて自然米を買った日、体が弱い姉が熱を出してしまいました。いつも長引くので心配でした。2日後の朝は「何も食べたくない」と言っていたのですが、自然米のおむすびを置いておきました。10分後に見ると起き上がっていて「おむすびおいしかった」と言ってくれました。夕方にはお風呂に入れるほど回復していてビックリしました。


愛知 M.A.
19歳の孫の話ですが、不規則な食生活で主にインスタント食品を食べていたようで、生理が1年に1~2回しかないとのことでした。とても心配していましたが、わが家で生活するようになり毎日自然米を食べていたら、生理が順調に来るようになりました。正しい食生活で正しい体にしていただいたのだと感謝しています。




 

     戻る